もみ殻という自然素材で作られたまな板を使ってみる

まな板ってどんな素材を使っていますか?
木のものか、プラスティックみたいなものが殆どじゃないでしょうか?

私は、木の素材は中に汚れや菌が入り込んでしまいそうなのがちょっと気になって、プラスティック(みたいなもの)を使っていました。

でもね~、白いまな板はけっこう汚れるんですね。
それに、近所にはあまりいいものが売っていなくて、イマイチ使いづらかったです。

軽すぎて、野菜を刻んでいるうちにズルズルずれて行っちゃうんです(>_<)

たかがまな板、されどまな板で、使いづらいものは料理中イライラしますね~。

そんなわけで、今度買ってみたのが、ちょっと面白いまな板!
これです!

500まな板

これね・・・なんと、もみ殻が素材なんですって。
と言っても、モミの姿などはもちろん見当たらず、色が茶色いだけですけどねー。

500まな板説明サイズは大ですが、家庭でも充分使えるくらいの大きさ。

私も、これまで使っていたまな板とあまり変わらないので、邪魔になることもないかな^^

まな板ってね、ある程度重みがあった方が動かないから絶対使いやすい。
測ってみると、約1.2キロありました。
片手で持つとちょっと重いかな、くらいの重量です。
500まな板1200g

 

裏側には、滑り止めもついているので、調理台の上でもほとんど動かないです。
このちょっとしたものがあるかないかで、使いやすさは格段に違っていますね。

500まな板滑り止め
このまな板、抗菌作用の基準を満たすスグレモノでもあります。
なんでも、JIS基準の抗菌活性値2.0以上、というのを満たしているそうなのです。
やっぱり、食べものを乗せるものだから、抗菌性はある程度気になりますね。
それだけじゃなくて、籾がら70%以上でできているまな板は、使い終わったら土に埋めておくと土にかえるそうなんです。
こんなまな板、今までありませんでしたね^^
まぁ、マンションなどで埋める場所がないと困っちゃうかもしれないけど、私はうちの狭い庭に最後は埋めようと思ってます。
ほんと、自然素材のものっていいですよね。
少しでも環境の悪化を防ぐことに貢献できるし♪

 

そんなわけで、実際にこのまな板で食材を切ってみましたが、トントントン♪と、なかなかいい感じです。

 

アップの写真です。細かい凸凹がありますが、水で流せば汚れもつきにくい気がします。
まぁ、使い続けて行けばある程度は変色してしまうんでしょうけど。
500まな板アップ

 

横から見たところ。厚みはそれほどありません。木のまな板より薄いと思いますね。
薄いけど重みがあるのは、中身が詰まってる感じです。

500まな板横から
このフライパン、NHKの情報番組でも取り上げられたそうで、評判も上々♪

■ 環境にいい、自然素材のまな板が欲しい方

■ お子さんやお年寄りがいて、抗菌作用にこだわる方

■ ゴミにならない、エコなグッズにこだわる方

■ 品質とともに使い勝手にもこだわる方

まな板なんて、なんでも同じ~、と思うかもしれませんが、意外に細菌が繁殖してアブナイこともあるそうな。
木製のものだったら時々日光消毒したりとか、少し面倒なんですよね。
そういう意味でも、抗菌作用のある安全な材質のまな板は優秀だと思います。

こちらから天然素材でエコ+抗菌!お米のもみ殻でつくったテーブルウェア

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

500マキアージュルージュ皿に

2016.2.17

資生堂マキアージュ新商品限定カラーリップ、ドラマティックルージュを使ってみた

資生堂マキアージュの口紅「ドラマティックルージュ」限定色、レディレッドを使ってみました。 ドラマティックレッドというと真紅のバ…

Ranking

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
ページ上部へ戻る