シャトルシェフで時短料理、煮物やシチューに

シャトルシェフ、前から欲しいと思って買いました。
火を使わないので安全なところもいいですね。
ついつい火の消し忘れをすることがあったり、何よりずっとそばについていないのがいい。

500シャトルシェフ箱と2大容量とも言える4.5リットルを買いました。

シャトルシェフにするか圧力鍋にするか迷っていたのですが、
ネットで検索したらどちらも同じようなことができるし、シャトルシェフでも遜色ないかな、と。

以前古いタイプの圧力鍋を持っていたのですが、重いし、シューシューうるさいし(笑)
洗いものなどが面倒なので結局使わなくなってしまいました。(今は軽くて扱いやすいものも出ていますね)

 

私はシチューや犬のために魚のあら汁や鶏ガラスープを作ることが多いです。
2時間くらいは煮込みたいのですが、その間キッチンから出られないのが不便で・・・
シャトルシェフなら鍋を加熱してざっと火を通すまで20分もあればできます。
その後は鍋(内鍋)を外鍋にセットすれば離れても大丈夫なんですよね、これはすごく便利!!

 

500シャトルシェフ外ふたあけ外鍋のふたを開けると、ふた付きの内鍋が現れます。
内鍋は直接火にかけてOK。外鍋は温めるだけなので火にはかけられませんよ~。

内鍋もそれほど重くないので、非力な女性でもお年寄りでも扱えると思います^^
私も力はない方ですがそれほど苦ではありませんでしたから。

 

クッキングブックもついているので参考になるかな。
ただ、あまりたくさん掲載されていないし、自分の作りたいものもあまりないので(笑)
ここはクックパッドなどを見てレシピを探した方がいいかも。
困ったときのクックパッドですね~、たくさん出てきますよ。

500シャトルシェフとレシピ本

 

 

内鍋を出してみました。
セットするときはこのままストンといれるだけ、簡単ですよ。
火にかけても取っ手はほとんど熱くならないのでいいですね♪

500シャトルシェフうち鍋出して

 

魚のアラを煮てみました。

500シャトルシェフで魚をさっとゆで

一度熱湯で茹でて表面が白くなったらすぐ引き上げます。
そして水を変えて水からアラを煮ます。昆布も入れましたよ。

 

 

500シャトルシェフで魚茹であく出て

沸騰させてアクを取ってひと段落したらそこでおしまい!
あとは外鍋に入れて放置です!

外鍋は熱くならないので安全ですね。

500内ふた閉め
シャトルシェフの素晴らしいところはじっとついている必要がないこと。
火事などの心配がないのは安心感がすごく高いです。

うっかりしてとろ火で煮ていたのを忘れて洗濯物を取り込みに行ってそのまま忘れる・・・
そんなことが何度かあった私は安全が第一なのです。
最初は肉とか野菜がほんとに温めるだけでほんとに柔らかくなるのかと思ったけど、
サーモスのシャトルシェフの保温力はほんとに高くてビックリですよ。

5時間くらい経過してふたをあけてみたのですが、まだアッツアツ!
お味噌汁とかだったら温め直さないでそのまま食べられる温度でした。

なるほど・・・これなら素材が柔らかくなっても不思議ではないと思いましたね。

 

500シャトルシェフに入れる前のお湯の色5時間くらいでこのくらいになりますね~。
お湯の色が黄色くなってきてダシが取れてる証拠!
もっと煮込みたかったら一度出して直火で再び温め、再度シャトルシェフに入れるといいんですって。

 

シチューも同じようにすれば簡単にできそうです!
何しろ火を使っている時間が短いから、朝作って晩御飯に、とか、夜作って翌日にということができる。

 

シャトルシェフは煮物やシチューの他にご飯を炊いたり、お菓子を作ったりもできるみたい。
慣れてきたら色々な事をやってみたいと思います。

また、圧力鍋に比べてお値段が安い重いいですよね。
私が買ったのはこの4.5Lタイプ↓

4.5Lってけっこうたっぷりサイズ。4人家族でもじゅうぶんだと思いますね。
3Lもありますが、4.5Lは背が高くなるだけなのでどうせなら大容量がいいかな、と。

シャトルシェフは働いている方や外出が多い方には便利だと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

400%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%94%e3%82%a22%e6%9c%ac%e3%82%ab%e3%82%b4

2016.12.24

ストレピアは酵母と樹液を使ったスキンケア!口コミでも好評!

ストレピアは酵母と樹液配合のアンチエイジング化粧品! ずっと欲しかったのですがやっと手に入れましたー! 基本はこの2本でOK、という…

Ranking

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
ページ上部へ戻る