薬用クリアエステヴェールのファンデーション、トライアルがお得!

薬用クリアエステヴェールは肌に負担をかけないのに、シミやくすみをカバーしてくれる人気ファンデ!プロも推奨ということで早速使ってみます。

500セット箱とパフ

これは初回限定のお試しで、クリームタイプのファンデとプレストパウダーのセットです。

プレストパウダーと言っても練り状に近いので、ナチュラルメイクならプレストパウダーだけでもよさそうな感じ。

◆色は何色?

クリアエステヴェールのファンデーションは全5色!

ピンクナチュラル、ライトナチュラル、ナチュラル、オークル、タンオークルというラインアップ!

 

人気があるのはナチュラルとオークルだそうで、私はオークルを選んでみました!

ナチュラルもいいかな、と思ったのですが若干白い感じがしたので・・・

500マキアレイベルファンデオークル

 

くすみを隠したいからと言って白っぽいファンデを選ぶと、なんだか不自然になることがありますね。

マキアレイベルのオークルはそれほど濃くないので肌の色も黒っぽくなりません。

500ファンデ手に乗せ

クリームファンデーションの色は5色の中からひとつ選んで注文します、

でも、5色分全部のパウチが入ってくるので、そのパウチから使ってみて、注文したのを変えたければ交換もできます。

ちょっと手間だけど、気に入る色じゃないと結局使わなかったりするからこのシステムはいいです。

私はオークルで満足だったので良かったかな。

 

クリームファンデーションはハーフサイズですが、それでも1か月半から2か月もつんですよ。

普通のファンデーションよりももしかして持つかもしれません。

 

というのも、マキアレイベルのは伸びがすごーくよくて少量でOK。

ナチュラルな感じだけどしっかりくすみや毛穴、肌の凸凹も隠してくれるのはスゴイです。

 

 

仕上げ用のプレストパウダーは粉ではなくて固形タイプ。

私は薄化粧の時はこのパウダーだけにしています。粉よりもしっかりしているので使いやすい!

400プレストパウダーとパフパフも2個ついているから至れり尽くせり!

クリームファンデとプレストパウダーのダブル使いをすれば、ほぼ完ぺきなメイクの出来上がりです。

 

実際に使ってみて

 

まず、クリームファンデ―だけ塗ってみました。

350リキッドファンデだけべったり感が全然ないです。見た目は普通のファンデなのにすごくナチュラル!

気になる毛穴もかなり目立たなくしてくれますね。

 

 

そして上からプレストパウダーをはたいてみました♪

350自然だけどちゃんとお化粧した!って感じになります。

軽いのにここまでちゃんとするっていうのがマキアレイベルのクリアエステヴェールのメリットですね。

 

■ 美容成分62%配合!

重たく感じないのは、美容成分がたっぷり配合されているからですね。

クリームタイプなのにつけているのを忘れるくらいです。

重たいのが苦手、という方にも使いやすいと思います♪

■ メイクしながらスキンケアする!

コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタなど58種類の美肌成分が肌を保護します。

肌を傷めるファンデじゃなく、肌を綺麗にするファンデです。

■ 美白効果、紫外線も予防!

メイクしている間中、プラセンタが肌に浸透してシミを予防します。

SPF+++で通常の紫外線ならブロックしてくれます。

 

こんな方にピッタリです。

クリアエステヴェールは年齢による悩みにこたえてくれるファンデーションです。

・これまでの重たいファンデーションがイヤ、軽いのがいい

・でも、シミやくすみを隠して、透明感のある肌になりたい

と思う方にはピッタリですね。

 

私も少し前からクリームタイプのファンデーションをつけると負担を感じるようになりました。

家に帰るとすぐにファンデーションを落とさないと気持ち悪いと感じるようになって・・・

年齢とともにしみやくすみは気になるのに、カバー力の高いクリームファンデが使えない。

これは悩みでしたね~。

カバー力の高いファンデは重たいものだと思っていたのです。

 

でも、クリアエステヴェールは薄付きで軽いのにビックリするほどカバー力があるのです。

最初はあまり期待していなかったんですが、使ってみたらかなりいい。

しかも、べたつきがないので化粧崩れも少ないし、脂が浮いてくることがないのです。

しょっちゅう脂取り紙を使っていたのに、クリアエステヴェールはほとんど必要ありません。

50代で肌が乾燥しているのに、鼻の頭やまわりだけ脂っぽい私なので、化粧直しが必要ないのはとっても便利です。



マキアレイベル
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る